但馬屋 三笠野 荒城の月

ご挨拶

但馬屋は文化元年(1804年) 旧岡藩御用達として、現在の地で創業いたしました。
初代但馬屋幸助は、但馬の国(現兵庫県)朝来の生まれで、京都駿河屋にて修行。 その駿河屋の主人と岡藩の家老が有馬温泉で知り合い、「誰か腕の良い職人を竹田にやってもらえないか」というので竹田へ参り、岡藩主中川公に召されて御用菓子司となりましてから、生国を屋号に「但馬屋」と致しました。

代表銘菓「三笠野」は、十代藩主久貴公が奈良の春日神社前で売られていた「燃焼(ひうちやき)」という菓子が忘れられずに初代幸助に作らせたもので、 歴代藩主のお茶の友として賞味されました。
明治初年、竹田銘菓として一般に販売するようになり今日に至っております。