但馬屋ホームページ > 但馬屋オンラインショップ > MOTHER OF MERCY・さいコロがし 完成インタビュー(1)

MOTHER OF MERCY
さいコロがし 完成インタビュー
美術家 ミヤケマイさん  × 当舗和菓子職人 渡邉美和
2015年4月24日、大分県立美術館OPAMがオープンしました。出展作家である美術家ミヤケマイさんは竹田に滞在しながら創作に励み、当舗の職人・スタッフにとっては今では家族のような存在です。よきご縁に恵まれ、ミヤケマイさんと当舗の職人との共同制作により生まれた新しいカタチの和菓子「MOTHER OF MERCY」と「さいコロがし」。それぞれの立場でお聞きした完成までのエピソードをお届けいたします。
MOTHER OF MERCY  さいコロがし

以下、敬称略 [美術家 ミヤケマイ:ミヤケ/和菓子職人 渡邉美和:渡邉 ]
質問:きっかけと始まりをおしえてください。
ミヤケ:OPAM側から「ミュージアムショップのグッズを作って欲しい」というお話を頂いて、せっかくなので地場産業と組んで作ってはどうかご提案をしたところ同じように考えていらっしゃって。タイミングよく美術館とご縁のあった但馬屋老舗の板井社長をご紹介頂きました。ただ、どのようなものにするかは現地に伺って色んなものを見せてもらって決めようと思っていました。板井社長からは娘さんが和菓子職人というお話も聞き、まずは竹田市の店舗へお伺いして始まりました。
渡邉:来られてまずは商品のラインナップを見てもらいました。初めてお会いした翌日には既に「こんなのどう?こんなのどう?」と、もういくつかのアイデアをマイさんが持っていて、その中からカタチになった感じですよね!
ミヤケ:そうそう、始めのアイディアどおりに出来ました。

質問:初対面でかなり具体的なところまでお話が進んだのですか?
ミヤケ:今までの経験上、自分がもの作りをするとき困るのは、時間が無いということだと思ったので、私は作り手になるべく時間をあげられることを配慮しました。試行錯誤から本生産まで時間がかかることを考えると、私のところはなるべく前倒して宿題をすませ、お会いしたらすぐにパスできるようにしておこうと思って用意していました。
渡邉:初対面の時には、今まで和菓子では考えたことの無かった提案が沢山あり驚きました。次に会った時には、試作はここまでと決まり、早かったですね。
質問:最初から2種類のお菓子の構想があったのですか?
ミヤケ:最初は7種類くらいあったのですが、但馬屋老舗さんが初めてのコラボレーションになるので、一気に全部は難しいことや、現実的にできるもの、生産体制諸々考慮した上で社長からその中の2種類を選んで頂きました。